北国からの贈り物かに通販ナビ - 口コミ・評価で選ぶならココ

北海道と言えばさまざまな食材を思い浮かべるでしょう。その中でも大変人気なのは蟹ではないでしょうか?しかし北海道まで食べに行くというのは、そう簡単に出来るものではありません。もし北海道の新鮮な蟹をご自宅で楽しめるとしたら、大変うれしい事ですよね。ここで紹介する「北国からの贈り物」では、厳選された新鮮なカニを、大変お安く購入する事が出来るのです。ぜひ北海道の味を楽しんでみませんか?

 

北国からの贈り物

「北国からの贈り物」は様々な雑誌やTVなどでも数多く紹介されている人気の高いかに通販です。中でも、カニしゃぶが出来ないほど大きな「訳あり」ステーキ用タラバガニ脚は発売すると即完売になる程の人気です。大きさだけではなく価格にもビックリする事でしょう。訳あり商品として、規格外や半端サイズなど、品質は申し分のないものを特別価格で販売しています。ぜひ安くておいしいカニをぜひご家庭でお楽しみ下さい。
 

 

種類・価格 送料 お買得商品
三大カニセット
・毛ガニ(300g-1尾)
・ズワイガニ(500g-1尾)
・タラバ蟹(800g-1尾)
¥7,980
送料無料
¥1,050 「訳あり業務用」
ステーキ用タラバガニ
800g(4-9本)
通常価格¥12,000
【特別価格】¥9,980
送料無料

北国からの贈り物 たらばがに 通販

かにというと、イメージされる事が多いのが、たらばがにや、毛がにあたりではないでしょうか?
それほどにメジャー処なカニなのが「たらばがに」でしょう。

 

しかし、たらばがにはメジャーな反面、本当においしいたらばがにに巡り合えるという事は少ないかもしれません。
そこで利用してみてほしいのが、通販で買う事ができる北国からの贈り物のたらばがにになります。

 

この北国からの贈りもののたらばがには、開けた時にそのすごさがわかるものになっています。
やはりカニは高級品ですので、開けた時の驚きは大事にしたいものです。
その驚きをもたらしてくれるのが、こちらのたらばがにの「迫力、大きさ、極太な足」などになるのです。

 

そして当然味も重要となるわけですが、味ももちろんのこと一級品になっています。
鮮度が抜群のとれたてのカニを茹でて配送することになるのですが、茹でる際も大きな窯で、絶妙な塩加減、茹ですぎない温度で茹で上げているのです。

 

たらばがにが本来持つ、足の先まで詰まっているカニ肉をちょうど良い温度で茹でて、ぷりぷりとした状態で頂く。
まさに贅沢の極みというものではないでしょうか。

 

しかし、解凍するときや食べるときに手間取って美味しくなくなっちゃうんじゃ?
というのが通販においての心配ごとだと思います。
しかしそこは、「蟹の食べ方ガイドブック」が無料でついてきますので、あまりカニを食べ慣れてなくても、美味しく食べる事ができるかと思います。
安心して、北国からの贈りものを堪能してください!


北国からの贈り物 ずわいがに 通販

「ずわいがに」は、「毛がに」や「たらばがに」とならんで人気の蟹と言えるのではないでしょうか?
そんなずわいがに、おなかいっぱい食べるにはやはり通販などで、安く買うのがお勧めと言えます。
そこで、北国からの贈りもののずわいがにはいかがでしょうか。

 

北国からの贈りものでは、さまざまな種類のずわいがにが販売されております。

 

訳ありシリーズでは、足がおれた5.0キロのものが11000円という値段で売られています。
この11000円という値段はピンとこないかもしれません。
実のところ、21000円のところが11000円という価格になっており、約半値で1キロあたり2000円という破格の値段なのです。

 

また、北国からの贈り物で是非試してみてほしいのが「ずわいがにの生用ポーション」になります。
よくカニを買うとしゃぶしゃぶなどにするとおもいますが、ほとんどの製品は「要加熱商品」となっているために、しゃぶしゃぶで食べざるを得ないのです。

 

しかしここのカニは、生きたずわいがにを加工工場へすぐに運び生きたまま処理をし急速冷凍をしています。
この工場は技術、衛生面共に高いレベルを誇っており、技術に至ってはアメリカ宇宙計画向けのシステムが搭載しているために、一度冷凍したものを生で食べても大丈夫なようにすることが可能なのです!

 

生で食べて大丈夫なの?おいしいの?と不安に思うかもしれませんが、一度食べてみると、あの甘えびのような、ねっとりとし、濃厚な甘み、食感がクセになることまちがいなしです!

今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。

あえて皆様にお勧めしているのにはお得な根拠があります。

それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、「得した!」という気になることはあまりないと思います。

対して、蟹通販には通販ならではの利点があります。

つまり、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。

蟹通販は品揃えが豊富な分、ポーションタイプ、冷凍、活蟹など、色々な種類の中からどれを選ぶかお悩みの方もあると思います。

どのタイプの商品がいいかは、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。

私は家族で蟹鍋をよくするのですが、鍋に使うなら、茹でて殻を剥いてあるポーションタイプが適しています。

また、蟹しゃぶで味わいたい方は、新鮮な活き蟹、または生のまま鮮度を閉じ込めた冷凍品がおすすめです。

どのタイプがどんな調理法に最適か把握しておけば、蟹通販の便利さがさらに引き立ちますね。

無理のない価格で美味しいかにを食べたい。

贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。

かにをたっぷり食べたくて我慢できない。

そんな時にはかにを通信販売で買うのがいいと聞いたことがあり、試してみました。

通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、贈り物にも出来るような鮮度のいいかにの数々が、いつでも購入できるのはうれしい限りですね。

更に価格が安いのが特徴でたいていのかになら、通販のほうが安いものが多いと言うのですからますますびっくりですね。

参考:かに通販どこがいい?失敗しない我が家のおすすめ【訳あり・すぐ届く店】

かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。

蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。

そんなあなたへのお勧めは、あらかじめ殻が剥いてある「ポーションタイプ」という商品です。

新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのが最良の方法だと思います。

また、蟹はやはり丸ごとでないと!という方は、蟹通販ならキズモノなどの訳ありで安くなっている蟹が買えるので、リーズナブルに蟹の魅力を味わい尽くすことができます!ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

どんな食品でもそうですが、おいしいかにを見極めたいなら、いわゆるブランド品のかにをあたってみるというのがおすすめです。

ブランドがにの見分け方としてブランド名がシールやタグで示されており、ブランド名は、特定の地域で水揚げされたかにであるというみんなにわかる証明です。

それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だから他のかにとは違うことを示すためにそのブランドを作り上げたのです。

国内のかにの産地はどこかと考えると、北海道、そして北陸でしょう。

冬はかにと温泉と思えば粟津温泉は特に知られています。

かに料理と、温泉を追求して全国からその評判を聞きつけた客が湯治などに訪れます。

粟津近辺のかには加能がにと呼ばれ、ズワイガニですが、歯応えのある甘い身が特長です。

かにと温泉のベストマッチを求める方には満足できる旅になるでしょう。

ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。

何と、かの有名な上海ガニと同じ仲間なのです。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。

甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。

また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いと考えてください。

そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。

日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として地味に利用されてきました。

蟹好きの私には嬉しい季節になりました。

旬の蟹を食べ尽くすため、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、毎年この時期の習慣です。

北海道に行く際の目的地といえば、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、函館にある蟹専門店です。

そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理が、これでもかとばかりに出てきます。

もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。

一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、味噌こそ、本当のかにの醍醐味ですよね。

味噌のおいしさを堪能したいなら、毛蟹を推す方が多いです。

毛だらけの殻に詰まった味噌の濃厚な味はこれぞかに、という固定ファンを生んでいます。

毛蟹のボリュームは結構という方には、ワタリガニを勧める方もいます。

小さめサイズのものが多いですが、十分な濃さの味噌です。